モダン乱敷き畳-畳の新しい敷き方

半畳と1畳だけの組み合わせによるデザイン 畳の敷き方「乱敷き(らんじき)」について

「モダン乱敷き畳」とは、宇都宮市の石川畳店様が考案された半畳と1畳の組み合わせによる新しいデザインです。

今までの一般的な畳の敷き方とは違い、お部屋に半畳、1畳をランダムに敷き、よりおしゃれでモダンなお部屋を演出します。






上の敷き方パターンのようにオシャレで変わった敷き方が出来ちゃいます!!

当店では決まりにくい賃貸物件にもこの様な敷き方でオーナー様に喜んで頂いております!!

3色使っての四ツ井ずらし

1畳物ヘリ無し・半畳物ヘリ無しで3色使って製作しております。

畳の敷き方も通常なら四隅(よすみ)がきちっと揃う敷き方ですが、こちらの敷き方はすべてズラして作らせていただきました。この様な敷き方も斬新でおもしろい敷き方です。

 

 

6畳間にモダン乱敷き1

こちらの部屋は普通の6畳間の敷き方をすると細長い畳屋長さが短い畳になってしまうのでこの様な敷き方を提案させていただきました。写真で見てもわかると思いますが、6畳間には見えないとと思います!

 

6畳間にモダン乱敷き2

 

こちらはリフォーム工事に伴い畳だけを当店に分離発注いただいたお客様宅の施工例です。予算を抑えてでもオシャレにしたい!!そんなお客様のご要望にお応えしモダン乱敷きをご提案させていただきました。こちらも6畳間なんですが6畳間には見えない敷き方になっております。